ザコペンギンのblog

あなたのすぐそばにザコペンギンはいます(鳥類ではありません) そんなザコペンギンの日常を描きます。よければ暇つぶしにでも。そして発見情報をお待ちしております。 あと、私は精神病患者です。小説と同じくらいまたはそれ以上に病状、薬のことなど忘備録の意味を込めて書いています。双極性Ⅱ型(いわゆる躁鬱病)ですので、鬱の時の日記はお目汚しです。「精神」と書いてあるブログは閲覧注意です。

2015年11月

てわかります?わかるよね?

喉がイガイガする感じ

一週間くらい風邪ひいてて、病院いって、看護師さんに症状聞かれて、いがらっぽいていったら、聞き返されたよ

私は単に聞こえなかったのかな?といがらっぽいって繰り返したけど

看護師さんがいなくなって旦那が一言

いがらっぽいって方言だよ

うそだあああ

もう30年生きてて衝撃の事実

オカンに聞いたら鹿児島の方言とのこと。ググったら新潟の方言とも書いてあるし

私は生まれは鹿児島、育ちは福岡ですが、鹿児島生まれ、鹿児島育ちのオカンの鹿児島弁で育てられたので、時々イントネーションがおかしかったり、みんなからすればわからん単語を言う。。。


 「かすがい」ってこの字でいいんすかね?

 この前、おかんから「誕生日何が欲しい?」(10月生まれ)って聞かれたから、「かりんさんのリードとハーネス」と即答。
 
 しかもそっちに帰る余裕がないからかりんさんみたけりゃこっちこいとわがまま言ったら、速攻で来た。かりん会いたさに。

 かりんさん、首輪はしてるけど、散歩の時はハーネス。普通にリードだけだと、すぽんと抜けちゃう。パグの割りに華奢の上、頭小さいからかな。

 それで近くのイオンにかりんさんと私の両親と旦那と行って、(ペットショップ周辺は動物OK)、ハーネスとリード買ってもらった。

 かりんさんは黒パグだから、原色が良く似合う。特に鮮やかな色が。

 しかも今までしてたハーネスは紐式だから引っ張ったら痛いだろうなあ、と思ってから、クッションがついてすっぽり包む形のものを買ってもらいました。

 おかんがさっそくつけたがったのでその場で装着。ぴったり。両親満足げ。

 そして実は両親に見せたいものが。

 そこのペットショップ、何日か前から黒の子パグが入荷されてたんです。

 超可愛い。めっさ可愛い。それを是非見てほしかった。

 まずおかんに見せてあげて、だっこもした。おかん、大興奮。

 そしてトイレから帰ってきたおとんもだっこ。

 しみじみとかわいいなあ、とにっこにこ。

 かりんさんは生後1年の時に買ったので、もうおっきくなってたので、両親そろって子パグを見るのは初めて。

 それから私、おかんとおとん、旦那と別れて行動。私たちはイオン内を見て回って、後の二人は近くの公園をかりんさんの散歩して帰った。

 あとで聞いた話によると、おとん、うちらと別れた後も子パグさんをずうーっと見てたらしい。

 んで、散歩しながら、あれいくら?と聞いたらしい。旦那が30万くらいです、というと、高いというと思いきや、30万かあ、あんだけ可愛かったら飼うよなあ、と・・・。実家ペット禁止だけどそうじゃなかったら、絶対飼う。

 実はおとん、大の犬嫌いだったんです。還暦すぎてもそれは変わらず。

 水道関係で仕事してて、人さまのお宅のお庭にお邪魔して検査する仕事してたんですが、犬がいるとわかると、相方の人に犬を抑えてもらって、なんとか仕事する様の人だった。

 だったのに、かりんさんに会って以来、犬好きへ。

 今じゃ仕事先に居たブルドックを写メするくらい。(仕事しろや)

 どうもかりんさんが鼻ぺちゃだから、そっちが特に好きみたい。

 うちのかりんさんは内弁慶で、お散歩してると、かわいいねえとなでなでされる機会があるんですが、その時はフリーズ。非常におとなしい子。

 でもおうちの中だと、入ってきた人には超愛想ふりまく。ぺろぺろしまくり。

 おとん、それで一発でノックアウト。

 どうもあんなになついてきた犬が今までいなかったらしく、相当嬉しかったらしい。

 そしてかりんさんはお野菜大好き。特にきゅうり。

 うちの両親の趣味、貸し農園で野菜作り。おとんが作る野菜をかりんが食べてくれるのが嬉しいらしい。

 そんなかりんさん。旦那と両親の橋渡しもしてくれました。だからかりんさんも「かすがい」なのです。

 実家が遠いせいか、滅多に行けないけど、かりんさんを連れて行くとみんなでお散歩して、その間に会話ができる。その空間がよかったのかな?

 そんなかりんさんは今日も飯くれと暴れてます。

 

 私はなんでこうなったかわかんないけど、前職についてから親と連絡をとることを異様に嫌がっていました。

 とにかく連絡はいや、実家に帰るなんてとんでもない、というくらいの実家嫌い。何が原因か本当にわからないけど、そうなってました。

 変わったのは、私が精神病で入院してからかな。遠い中、何度も見舞いにきてくれました。私が好きな果物もってきてくれたりして。ああ、心配されてるんだ、としみじみ思いました。

 それから前職をやめて、新天地に来て、旦那以外知らない人(まあ、旦那の両親はいるけど)、旦那は仕事で遅い、一人ぼっちの時間が長い、という日々が続き、初めて母親に電話しました。

 特につらい、とかは言ったことはありません。何気ない日常の話をする。

 仕事や家事で忙しいのに、絶対に無下に扱わないおかんに感謝。

 でも、一つだけもやっと。

 私の精神病が治ることを望む気持ちはわかるんだけど、注射(過去ログを読んでください)の話をして、薬を変えて、年明けに打つ、という話をしたら、「薬飲んでたら、注射なんて打たなくてももう治ってるかもね」とさらっと言いました。

 えっと・・・そんなに簡単に治るんなら、私、仕事やめてません。

 正直私だって、とっととなおしたいよ、こんな病気。

 生きることだけで精いっぱいで、他に余裕がない、こんな人生が続くと思うと、ぞっとする。

 でもさ、ゆっくり待っててくらないかなあ。

 タイトルが何故「お義母さん」がプラスされてるかというと、お義母さんは私の病気を理解していただいてる上、いつも優しく接してくれて、笑顔で、そして何よりも「ゆっくりね」と言ってくれる人。

 病気のことも「ゆっくりね」と言ってくれる。

 きっとダメな嫁だから言いたいこともあるんじゃないかなと思うのに、いつも笑顔とおいしい食事で待っていてくれる人なのです。

 どういったら伝わるのかな。私の病気はもしかしたら、一生つきまとうかもしれないものなのに。

 うちのおかんにとって、長男な弟より、私の方が可愛いみたいなきらいはあるんですよ。私、(学生時代は)品行方正、成績優秀(成績いい学校には行ってた)だった。そんなのが今の状況にある、というのがプライド的に許せないのかなあ・・・とか、考える。

 もう年も年だから、考え方を変えるのは難しいけど、なんとかなんないかなあ

 日常か精神かカテゴリ迷ったんですけど。そんな感じだから閲覧注意。

 私達夫婦は正直にいうと、太ってます。

 私は前職のストレスから20キロ太りました。それから1年かけて10キロおとしたけど。

 旦那もまあ、太ってます。おなかぽんぽこりん。

 それをまあ、食生活が悪いなどとおっしゃる方がまあ、いらっしゃって。

 とにかく何を言ってもだめ、だめ、だめの連続。

 その方は、まあ基本ずばずば言って、言った本人は忘れると言う人。

 だから会うたびにというほどじゃないけどしょっちゅう言われる。

 確かに人さまに日常で言えるような食生活はしてませんが。

 外食多いし、(私の場合は)少食(ストレスと薬の副作用)、夕飯は遅いし(仕事の関係上、どうしようもない)、料理あんまりしないし。

 でも、そこまでいうことなくね?とちょっと思って。

 だめだめ言われ続けて、正直まいってしまいました。前職を思い出して、否定され続ける気持ちを思い出して、つらかったです。

 だめだなあ、だめだなあ、このままじゃだめだなあ、と頭の中をぐるぐる回って、眠りが浅くなり、っつか寝付きが悪くなり、きつかったです。

 でも、最近ふっと思いました。

 他の家事は少しずつできるようにはなってきてる。料理という料理はあんまりしてないけど、台所には立っている。1年かけて私は10キロ痩せた。とか。

 できてることもあるじゃん、と思いました。

 ゆっくり、ゆっくりでいいんだと。

 いつかちゃんと料理する日が、来ればな

 精神薬のお話です。

 私は現在、エブリファイというお薬を飲んでます。

 精神の波を抑える薬。一か月くらい前からかな?飲んでるけど、効きます。

 もともと3mの液状のものを頓服で飲んでました。どうしようもないくらいきつい時に呑むんです。錠剤だったり、粉状態だったり、液状だったりするお薬。

 そして今回から、朝夕2回、いわゆる常備として飲むように。

 結構効く。

 んで、何故このお薬にシフトしたかというと、これは準備段階。

 現在、あることをすすめられてる、というか、確定なんだけど。

 このお薬の「注射」が開発されて、使われ始めたらしいです。うちの先生はこの薬の先駆者。色んな人に使っていると。効く確率は80~90%ほど。しかも4週間は効いて、副作用はほとんどなし。

 エブリファイには「アカシジア」という副作用があって、じっとしてられない、あちこちがむずむずするという副作用があるんです。それを抑えるのが「アキネトン」。でもそれの副作用が喉が渇くというなんというか・・・もうね。

 おかげで水分接種が半端ない。

 するとトイレが近くなる。

 バイト先で心配されるくらい。

 それでちょっと鬱ちっくになりました。

 今はなるべく水分控えてますけど。喉乾く・・・。

 んで、そんなんが改善されるのが、その注射。

 名前は忘れました。


 がしかし、甘露さんは注射がだいっきらい。

 でも強くなったほう。

 3か月に一回、薬が人体に影響を与えてないか採血があるのですが、最初は旦那に手を繋いでもらわないとできないくらい。

 今では刺す様子をみてられるくらい強くなった。

 でもねー、それ、筋肉注射なんすよ。

 打ったことは、ない。
 
 でも知ってるもん、すっげえ痛いんでしょ?

 旦那は筋肉注射あるんですけど、すっげえ痛いらしい。

 本当は先週うつはずだったけど、調子悪かったり、時間の都合とかで、年明けになった。

 逃げられてひとまず、ほっ。

 でもなあ、うつんだろうなあ。

 まじで、いやです。薬ちゃんと飲むから、副作用も我慢するから、打たないでください(泣)

↑このページのトップヘ